小泉純一郎はどうなっているのか

さて、ここ最近の話題といえば、小泉純一郎と麻生太郎が横田基地に連行され、郵政民営化に関して多額の資金を横領したという罪で激しく尋問され、さらに小泉はそこからグアンタナモに収監されているというネタ。 いよいよトランプの大量逮捕がここ日本にも波及したかと、事実なら拍手喝采したい人が多いはずだ。 実際最近の小泉の足跡が辿れるのか。 そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこにでも阿呆はいる2

リチャード・コシミズ氏のブログが大変なことになっているようだ。 元々はビッグローブ、次にワードプレス、さらにアメブロ、エキサイトと変遷し、昨日8月22日からは楽天ブログとなった。 いずれも、運営サイドよりブログが停止されてしまったからだ。 richardkoshimizu’s blog https://plaza.rakut…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルトが考えた憲法草案を臨時国会に提示するそうです

 憲法改正で歴史に名前を残したいと願う(もう十分憲政史上最低首相として名を残せると思うが)安倍晋三は、臨時国会に自民憲法改正案を提示するらしい。  で、この改憲に関して、石破氏がまずは党内で論議を深めることが先決ではないかと異を唱えている。 http://www.news24.jp/articles/2018/10/17/044…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンハンドラーズよ、日本に固執するな

 トランプによる米国ディープステート大掃除が進行する中、一説にクビにになったとも言われ、しばらくなりを潜めていたジャパンハンドラーズの面々が再び動き出した。  まず、今月初頭、「第4次アーミテージ・ナイレポート」が出された。 「でたか、第4次アーミテージ・ナイレポート。これで、安倍政権の動きが全て読める。しかし、もし、政権が従わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リチャード・コシミズ氏のブログ(ワードプレス)が抹消される

 リチャード・コシミズ氏のブログが10月1日の深夜(2日未明)、突然抹消された。  2日朝、アクセスすると「richardkoshimizu.wordpress.com is no longer available.」なる英文が現れた。どうやら抹消されてしまったらしいと気づくまで、やや時間を要したが、ほどなくアメブロで再開された。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ネトウヨ内閣」が早速腐臭を放ち始めた

 安倍晋三による改造内閣の顔ぶれがあまりにもひどく、ネトウヨ内閣と呼ばれているのも納得だ。  最も驚かされたのが、柴山昌彦が文部科学相に任命されたこと。  早速本性を現した。  教育勅語の現代的アレンジは検討に値すると発言した。  ‘現代的アレンジ「検討に値する」 教育勅語巡り文科相’  https://www…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケツの穴が小さいくせに、弾圧は大胆

 一国の総理大臣が、総裁選を競い合う相手との討論会から逃げまくっている。  哀れなくらいに小心者なわけだが、考えようによっては石破氏と討論して、自らは真っ当なことなど何一つ話せないことを自覚しているのだろう。  能力はゼロに近いぐらいに無能であるが、権力欲に対する執着心は誰よりも強い。これも考えようによっては、安倍の意思とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪、ちょっとどうかしているんじゃないか

 開いた口が塞がらない。    東京五輪をめぐる日本政府の対応は、何か裏があるのではないかと勘ぐりたくなる。  ここ数週間で、「もう返上した方がいいのではないか」と思いたくもなる愚策が連発されているのだ。一般にはサマータイムが物議を巻き起こしているが、これは可愛い部類。  一発目はコレ、クールシェア。  マラソンコース沿線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうしようもないゴロツキ自民議員

受動喫煙対策に関する衆院厚生労働委員会で、参考人として招かれたステージ4の肺がん患者に「いいかげんにしろ」とヤジを飛ばす自民党議員。 発狂寸前のこういうゴロツキ・メンタリティーが昨今の自民党ネトウヨ議員の潮流になった感がある。 こんな連中に支持率が40%もあるわけないだろう。 「がん患者にやじ 受動喫煙をめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の骨を折る

ブログを再開したと思ったら、たちまち更新が滞った。 その理由は、GWが明けてから膝のお皿を骨折してしまったからだ。取材に向かう途中、コンビニに寄って小走りに店内に入ろうとして車止めに気づかず足が引っかかって派手に横転した。その時は這うようにして車に戻り、なんとか取材を終え、自宅近くの整形外科で受診したら、骨が折れていた。 翌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなこと言っちゃっていいの?

 4月9日の参院決算委員会で、安倍晋三が聞き捨てならない発言を行った。  安倍は昨年の都議選の演説で「こんな人たちに負けるわけにいかない」と発言したことが問題視され、その後、都議選にぼろ負けしたわけだ。  9日、安倍は、「こういうこと(『辞めろ』コール)をやる人たちに負けるわけにはいかない。正しい王道の選挙を戦いましょうと訴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこにでも阿呆はいる

 3、4月は比較的仕事に余裕がある。  そのため、最近は久方ぶりに数日おきに更新ができる。  リチャード・コシミズ氏のブログを読んでいたら、群馬の講演会情報が載っていたので、「属国離脱への道」のHNでコメントしたら、とんでもない阿呆が湧いてきて、俺のことを「朝鮮悪」と誹謗中傷しやがった。  「朝鮮悪」って、俺はお前みたいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍界隈のネトウヨ議員たちがアホすぎる

 自民党のネトウヨ議員たちというのは、言論の自由などという概念は露ほども持ち合わせていない低脳の豚ばかりで、空いた口が塞がらない。この連中がこのままのさばっていれば、早晩、日本は戦前に逆戻りである。  確か、2年ほど前には、自民党のホームページ上で「政治的中立を逸脱した学校の先生がいたら名前などを教えよ」という旨の調査を行ったこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗黒国家へまっしぐら

もう完全にタガが外れているようだ。 西部邁自殺 警視庁が事件性の疑いで再捜査 http://news.livedoor.com/article/detail/14431863/ 矢野康治が行方不明!赤木俊夫の妻や遺書までもが行方不明に! https://socialnews.rakuten.co.jp/link/1617…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森友書き換え問題、安倍はこれで終わりだろう。

安倍の終わりとともに、人間のクズのネトウヨ連中も一掃されると、 世の中少しは綺麗になるね。 しかし、麻生の偉そうな態度はすごいね、ほぼヤクザ。 懸念されるのは、安倍がバカすぎて自分が退陣すべきことを理解できずにさらに居座ることだ。 心配なのは、テロや大地震や噴火。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦後史上最悪の政権が瓦解する日が近づいてきた

 いよいよ戦後史上最悪の政権の瓦解が近づいてきた。今から思えば、バブルの頃、1、2ヶ月であっという間にいなくなった宇野宗祐とかっていう首相がいたが、彼の方が1万倍マシだった。国民に害をなしていないだけ。 「私は立法府の長です」と国会で胸を張った阿呆発言をはじめ、「これでもうアウトだろう」という場面が何百回となくあったわけだが、あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“地方活性化は「インスタ映えが鍵」”、って阿呆か

 地方活性化は「インスタ映えが鍵」だって。  https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171219-00000060-ann-pol  このニュースを見て、ひとしきり家族で大爆笑しました。  この底の浅さ、薄っぺらぶりは、どう表現すればいいのか。安倍晋三という男は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 いつもの人間のクズの4大悪徳米国人の皆さんが動き出したようです

 ジャパンハンドラーズと、その連中に魂を売り渡した日本人(もどき)は、いかなる事情があろうと、絶対に許すことなどできない。  どうやら、トランプが大統領に就任以来、なりを潜めていた人間のクズどもが再び鳴動を始めたようだ。先週、10月27日、対日謀略シンクタンクのCSISと日経新聞の共催によるシンポジウム「トランプ時代の日米同盟」(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忠米犬ゲリ三政府は、TPP承認案と関連法案を11月4日に採決する方針だという

 ヒラリーが大統領に当選しなければ全く無意味の法案に宗主国以上に執着するばかばかしさ。  もし、ヒラリーが不正選挙で当選し、万が一TPPが発効してしまった場合は、自民党の面々は末代まで呪われることになるだろう。どうせ、頭の悪い安倍晋三のことだから条約内容など理解していない。アーミテージあたりに必ず承認案を通せとすごまれたから、やっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔的俗悪企業モンサントが独バイエルに買収

 世界でも1、2を争う極悪企業のモンサントが独バイエルに買収されるようだ。  ロシアなど国民の健康を第一に考える政治家がトップに立つ国では、遺伝子組み換え作物追放の動きが強い。米国1%が風前の灯火となり、もはやTTPも実現はしないだろう。  言いなりになるのが馬鹿の国アメリカと属国日本だけでは、たちゆかなくなったか。その日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more