血筋も経歴も究極の売国奴が亀井大臣に噛みついた

 日本を滅茶苦茶に破壊した元祖売国奴・小泉の、偏差値40台の馬鹿息子がおこがましくも吠えている。

「大臣は逆走」進次郎氏、亀井氏と“初対決” 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000585-san-pol
4月6日18時11分配信 産経新聞
 小泉純一郎元首相の二男、小泉進次郎衆院議員(自民)は6日の衆院財務金融委員会の質疑で、父親の進めた郵政民営化に反対した国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相との“初対決”に臨んだ。
 進次郎氏は郵政改革に関する論戦の中で、国民新党の政党支持率が0%となった産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査などの結果を持ち出し、「支持率0%の政党に振り回されている民主党はおかしい。去年の衆院選で国民が300議席を与えたのは民主党で国民新党ではない。郵政見直しについても50%以上の人が反対だ。大臣は逆走している」とまくし立てた。
 痛いところを突かれた亀井氏は「世論調査の結果は常に動く。世論調査に従って政治をやるなら、政治家はいりません!」と猛反論した。もっとも、質疑後冷静に戻った亀井氏は記者団に「人の心理をくすぐるのは、父親譲りでうまいな」と余裕の表情で語った。

 恐らく親父同様、馬鹿息子も操られているのだろう。もちろんコネで留学したコロンビア大ではジャパン・ハンドラーズの一人ジェラルド・カーティスの指導を受け、卒業後は悪質なスパイ組織CSISで働いている。血筋も経歴も申し分のない売国奴である。
 亀井氏相手に郵政民営化&見直しの本質とは全く別の部分で噛みついたわけだが、軽くいなされてしまった。それにしても、郵政見直しの問題を公の場で出してくるとは、度胸があるというべきかのか単なる馬鹿なのか。やぶ蛇になる危険性をかえりみることすらしない。
 見た目に騙されているB層主婦に対しても、もうそろそろ我慢の限界だ。マスゴミと同罪である。


人気ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?844958


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック