属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS ここぞとばかりに前原の暴走発言をだしに増長するキモ男・石破

<<   作成日時 : 2011/09/15 21:13   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 1 / コメント 0

 破れかぶれの前原は、総理大臣になれなかった腹いせもるのか、捏造世論調査の支持をそのまま信じているのか、面白いように暴走している。

 アメリカでの例の自衛隊武器使用基準緩和発言は、日本を油堕米の大儀なき戦争に巻き込むだけの暴挙であるが、その発言の狂喜乱舞して調子に乗っているのが、自民党のキモ男・石破である。

 集団的自衛権を行使できるよう憲法解釈の変更に向け「自民党としての考え方を統一する必要がある」と述べた。

 野田以上にテレビ画面を汚すキモ顔は一国の代表とするには恥さらし以外の何ものでもない。が、石破本人は、民主党が自滅してゾンビの自民党に再度政権が移った場合には、「我こそは総理大臣筆頭候補」とまんざらでもないのだろう。

 いずれ米ドル崩壊→ユダ金権威失墜とともに、この隷米極右連中の出る幕もなくなるとは思うが・・・。前原や石破を支持する国民というのは、ファシスト支持者同様に愚かだ。

「党の考え方統一を」 集団的自衛権で自民・石破氏 民主・前原氏発言踏まえ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110915/stt11091512020004-n1.htm
 自民党の石破茂政調会長は15日午前、党国防部会で講演し、集団的自衛権を行使できるよう憲法解釈の変更に向け「自民党としての考え方を統一する必要がある」と述べ、早期に意見集約を図るべきだとの考えを示した。民主党の前原誠司政調会長が海外派遣された自衛隊の武器使用基準の緩和に絡み、集団的自衛権の問題に言及したことを踏まえた発言だ。

 集団的自衛権の安易な行使を避ける手だてとして「国会の事前承認を得る仕組みが必要だ」と述べた。どの国が攻撃を受けた場合に日本が集団的自衛権を行使するかは事前に限定すべきではないとした。

 米中枢同時テロを受けたテロ対策特別措置法成立に苦労した体験にも触れ、「特措法では時々の政治情勢に左右され過ぎる」と述べ、自衛隊の海外派遣を随時可能にする「恒久法」制定の必要性を訴えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本への原発導入は、アメリカの対ソ戦略上の核武装化の延長上にあった?
なぜ原子力発電所がこんなにぽこぽこ日本に作られたのか(裏に正力とCIA?) のエントリーに、こう書いた。 >どうも不透明である。 >日本を米国に売った最大の売国奴が、原子力発電を推進している&amp;hellip;とは。 >一方で、オリジナルの技術を持っているアメ... ...続きを見る
にほん民族解放戦線^o^
2011/09/15 21:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここぞとばかりに前原の暴走発言をだしに増長するキモ男・石破 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる