属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 売国奴の息子は、やはり売国奴

<<   作成日時 : 2011/11/18 14:26   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 94 / トラックバック 1 / コメント 0

 日本史上最悪の売国奴を父親に持ち、偏差値45の関東学院大学からコロンビア大学院にコネ留学し、ジャパンハンドラーズのジェラルド・カーティスに師事、極悪謀略シンクタンクCSIS(米戦略国際問題研究所)に就職しマイケル・グリーンから洗脳教育を受けたという売国奴の貴公子が、小泉進次郎だ。

 かつては米圧力もあって党を挙げて売国に走った自民党も、野党となって多少は目が覚めたのか、あるいは本心を押し隠して民主党から政権を奪う作戦としてだけなのか分からぬが、現在は党内では一応TPP反対派が多数派を占めている。

 この中にあって、TPP推進の急先鋒に名乗り出たのが、小泉進次郎だ。米国のために国を売る熱い志は、決して馬鹿親父に劣ることはない。売国の英才教育を受けているだけに親父以上かもしれない。

 
TPP推進派・小泉進次郎氏、谷垣総裁を批判
 自民党の小泉進次郎青年局長は17日、党本部で講演し、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加問題で、谷垣総裁が「米国と組み過ぎて中国やアジアをオミット(除外)するのは日本にとってよくない」などと発言したことについて、「耳を疑う。鳩山元首相が掲げた『東アジア共同体構想』と全く同じ論法だ」と、強く批判した。
 自民党の姿勢には、経団連の米倉弘昌会長が「自民党が復権した場合でも、今やっていることが足かせになったら困るのではないか」と指摘するなど党外からも批判が出ており、小泉氏の発言はTPP推進派の党執行部への不満を示したものといえそうだ。

(2011年11月17日21時18分 読売新聞)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 94
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ バッグ
売国奴の息子は、やはり売国奴 属国離脱への道/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ バッグ
2013/07/03 16:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
売国奴の息子は、やはり売国奴 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる