属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 対米隷属の政府・マスコミは、米国ユダ金の落日を見つめ直せ。国益とは、抱きつかれ心中の回避

<<   作成日時 : 2011/11/19 23:52   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 0

 アメリカは11月23日までに今後10年で少なくとも1兆2000億ドルの財政赤字を削減する案をまとめなければならない。しかし、民主党・共和党両党の溝は埋まらず、合意の目途は立っていない。
“米財政赤字削減めぐる特別委、23日までの超党派合意諦めず”
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24147620111114

 ちなみにオバマ政権では、10年間で4500億ドル(約35兆円)の国防費削減を大幅に上回る追加カットが計画されている。23日に決裂すれば、国防費は強制削減となる。
“米国国防費一気に削減へ!”
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201111/article_14.html

 それもそのはずである。リーマンショック以降、すでに300数十の銀行が破綻。10%近い(実質25%以上)失業率に加えて、フードスタンプで食いつなぐ貧困層が4600万人。

 先日はアラバマ州最大の自治体ジェファーソン郡が破産法申請、負債総額3100億円超は米自治体の破綻で過去最大である。

 そんな中、ユダ金企業の経営陣らはインチキ金融工学とやらで多額の報酬を手にしてきたわけだが、徐々に購買力を失いつつある大衆からの収奪も先がしれている。

 ドル安がとめどもなく進み、もはや基軸通貨としての役割は終えた。
“11月25日世界恐慌突入・デフォルト説の真相は?財政赤字削減法案可決期限の直後。|アメリカデフォルト危機”
http://www.news-us.jp/article/235290945.html

 こう見てくると、悪質な国際金融資本家が支配してきた米国は実はもう首の皮1枚かろうじてつながっているだけで、覇権があるかのように見せかけているに過ぎないのではないかと思われてくる。先日TPPの恐喝に来日したキッシンジャーも実は権力の座を半ば失墜しており、「いまだに莫大な権限を持っているかのように皆に思わせるための無意味なパフォーマンスに過ぎない」という指摘(ベンジャミン・フルフォード)もあるくらいだ。

 そこで、ユダヤ金融悪魔どもは米ドルの延命に努めつつも、手っ取り早く、手先を張り巡らした属国日本の乗っ取りに着手した。ユダ金どもは本国をしゃぶり尽くし、軸足をアジア収奪に変えようとしているのではないか。

 その一つがTPPによる日本の米国化である。連中はTPPの発効が待ちきれず、まず交渉参加の条件として郵政民営化の完遂を求めてくる可能性が濃厚である。すでに日本政府には条件として出してあるものと考えられるだろう。

 そして、オバマ大統領は17日、オーストラリアの議会で演説し、アジア太平洋地域を最重点地域と位置づけて、アメリカの関与を強化していく方針を表明した。
“米大統領 アジア太平洋を最重点に”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111117/t10014020891000.html

 一方、戦争経済の発動による借金目くらまし作戦も未だ諦めているわけではなく、米国と一心同体の悪の枢軸イスラエルによるイラン攻撃の可能性も高まっている。
 
 アジア重視もTPPもユダ金どもが、できれば日本など東アジアに収奪の軸足を移したいという願望の表れなのだろう。戦争経済の発動は、ユダ金にとって実に古典的な破綻回避方法の一つ。連中は、自作自演でも何でも使って戦争に持ち込もうとする。時には自国民すら巻き添えにして。

 要するに、米国はアジアの安全保障に関与を高めるなどと言っている場合ではないだろう。そんな余裕も資格もない。ことによると、TPP交渉がまとまる前にデフォルトに至るかドルが暴落してしまう可能性も大きい。

 対米隷属の政府、マスコミは、もう一度こうした米国の現状を頭を冷やして見つめ直すべきだ。そうすれば自ずと答えは出てくる。

 一番避けなければならないのは抱きつかれ心中である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 54
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
対米隷属の政府・マスコミは、米国ユダ金の落日を見つめ直せ。国益とは、抱きつかれ心中の回避 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる