属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本国債に資金逃避の動き」と「日本国債格下げ検討」の背後には

<<   作成日時 : 2011/12/01 08:33   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 53 / トラックバック 2 / コメント 0

 欧州がアウト、ならば米国債へという流れがある一方で、世界の資金は、冷静に考えれば、一番安全の日本国債に集まる。中東マネーが日本国債に流入しているという情報も流れている。

 ユダ金さんにとってみれば、それじゃ困るわけだ。311東日本大震災や放射能パニックを煽って必死に円を弱体化させ、米ドル延命に努めてきた努力が水の泡。

 “日本国債に資金逃避の動き、欧州債務危機の深刻化で「安全」視”などとロイターですら報道しているかと思ったら、途端に「日本国債、格下げ」というニュースが報じられた。

 日本国債の格下げを検討しているのは、国内の格付け会社、格付投資情報センター(R&I)だそうで。これは、日経新聞の連結子会社。要するに、格下げを親分のユダ金に命じられたわけだ。
“日本不敬罪新聞系列の格付け会社が日本国債格下げ検討”
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201111/article_122.html

 日本国債から米国債へという流れを強くするための工作。

 米国債買いを強硬に推進するのは、もう返すつもりもないからだろう。板垣英憲氏によると、野田さんはオバマから「米国債チャラ」「日本国債デフォルト」を強要されているのだとか。
“野田佳彦首相が、米オバマ大統領から「米国債チャラ」、「日本国債デフォルト」を強要されて、ノイローゼに陥っているという”
http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/185184

 ありえないことではないだろう。R&Iの格下げ検討などは、この強要に連動してのことではないか。日本国債に集まるはずの資金が米国債に向かうためなら脅迫でも何でもなりふり構わない。

 まさに断末魔。この脅しに耐えられる者しか日本の総理大臣を続ける資格はない。

〔クロスマーケットアイ〕日本国債に資金逃避の動き、欧州債務危機の深刻化で「安全」視
http://jp.reuters.com/article/crossMarketEye/idJPnTK066657620111117
 [東京 17日 ロイター] 欧州債務危機が深刻化するなか、海外勢が日本国債に資金を逃避する動きを強めている。市場が期待する欧州金融安定ファシリティー(EFSF)拡充や欧州中央銀行(ECB)の国債買い入れ増額は一向に進まず、フランスなどユーロ中核国の国債が売られるなかで、日本国債が「安全資産」として選好されているという。日本株が年初来安値水準に下落する一方で、10年債利回りは1年ぶりの水準に低下している。
<日本国債に中東マネー流入のうわさも>
 11月6日─11月12日の対内債券(中長期債)投資は2973億円の資本流入超となった。資本流入超は3週連続。市場では「欧州情勢の緊迫化とともに株式などのリスク資産のウエートを落として、相対的に安全な日本国債に資金を逃避させる動きが出ている。一部で中東マネーなどの資金流入がうわさされているが、額が小さくても日本国債が選好される流れはしばらく続くのではないか」(国内金融機関)との見方が出ている。
 背景は欧州債務問題が長期化するなかで、海外勢が日本国債を「安全資産」として買う動きを強めてきたことだ。国内勢も国債へのシフトを強めており、17日の円債市場では国債中心限月12月限は一時143円14銭、10年最長期国債利回り(長期金利)は一時0.940%と、いずれも1年ぶりの水準を付けた。
 欧州の政治不安は依然解消されていない。イタリアではモンティ新政権が発足したが、閣僚人事は政治家を含まない16人の有識者で構成したことに対して、国民に不人気な緊縮財政計画が議会の同意を得られるか懐疑的な見方が強まっている。前日のイタリア10年国債利回りは再び「危険水域」の7%台に上昇。フランス10年債利回りも4月以来の高水準を付けた。欧州各国の財政再建に対する市場の不信感がくすぶるなかで「イタリアのみならず、中核国の金利までもが上昇し始める等、依然不安の深刻化が止まらない状況」(SMBC日興証券・マーケットアナリストの土井俊祐氏)となっている。
 政府債務残高は対国内総生産(GDP)比で200%とイタリアの120%をはるかに超える日本だが、「国民の豊富な金融資産や対外債権、欧州などと比べた増税余地などから、依然として国債消化は可能とみられている」(外資系証券エコノミスト)という。


日本国債、格下げ方向で検討=消費増税でも財政に不安−格付け会社R&I
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011113000741&google_editors_picks=true
 国内格付け大手の格付投資情報センター(R&I)は30日、日本国債を発行する政府の信用力を示す格付けを最上位の「AAA(トリプルA)」から引き下げる方向で見直しを行うと発表した。財政健全化のめどが立たないことを理由に挙げた。見直し結果は年内に出す予定。実際に格下げとなると、国内の大手格付け会社による初の日本国債格下げとなる。
 R&Iは声明で、野田政権の財政再建への姿勢を「前向きに取り組んでいる」と評価した上で、消費増税が実現しても政府の財政健全化目標の達成時期は先送りされると予想。震災復興の遅れや円高の定着で景気回復の勢いが弱いことから、「税収が伸び悩むと、相当厳しい財政運営を余儀なくされる」と財政の持続性に不安を示した。
 R&Iは2000年3月に日本の格付けを開始して以来、トリプルAの評価を継続。今年8月に野田政権の財政運営を見極めた上で、格付け見直しを行うと表明していた。今回は、格下げとした場合も格下げ幅を1段階にとどめる可能性が高いという。国内格付け大手の日本格付研究所(JCR)は、日本の格付けを最上位で維持している。(2011/11/30-18:47)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
株で儲けるトレードルール
不況で一番影響を受ける株投資。そんな中で利益を出す たった一つの冴えたやり方。プロの投資家が 株取引で今本当に必要なことを 無料WEBセミナーで公開します。 ...続きを見る
無料セミナー
2011/12/01 09:02
レイバン サングラス
「日本国債に資金逃避の動き」と「日本国債格下げ検討」の背後には 属国離脱への道/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン サングラス
2013/07/05 21:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日本国債に資金逃避の動き」と「日本国債格下げ検討」の背後には 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる