属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国&大マスコミによる野田切り捨てが始まったが、米自体も末期的

<<   作成日時 : 2011/12/13 13:21   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 51 / トラックバック 4 / コメント 0

 フォスター・ダレス国務長官は一九五五年八月に岸と会い、面と向かってーーもし日本の保守派が一致して共産主義者とのアメリカの戦いを助けるならばーー支援を期待してもよろしい、と行った。そのアメリカの支援が何であるかは、だれもが理解していた。
            (『CIA秘録 上』ティム・ワイナー)


 岸信介はCIAが選んだ最初の総理大臣だが、『CIA秘録』に描かれているこの一説は、現代でも通用する。野田の場合は、「もし日本の保守派が一致して共産主義者とのアメリカの戦いを助けるならば」を「もしTPP参加してアメリカに富を差し出すならば」と読みかえればいい。

 アメリカと財務省の「飼い豚」となることで総理大臣の地位を手に入れた愚か者。失墜した崩壊寸前の大国と組むTPPの無意味さ、大不況下の消費税増税の愚かさ。愚策としか言いようがないものの、「国益、国益」と呪文のように言いふらしながら、強弁する。こうなってくると、消費税増税についても増税分は米国債購入の密約でもあるのかと疑いたくもなる。

 そんなひたすらに、アメリカ命の「飼い豚・野田」さんだが、年明け早々の訪米が先送りとなった。日程が立て込んでいる、というのがその理由だが、早くも見放された可能性が大きい。

 表向きはひたすら平身低頭にしていることだけが取り柄の、単なる小物。11月のAPECでTPP交渉参加を表明するところまでが、野田の役目だったのであろう。後の交渉は、売国官僚の野田義治政府代表が当たるから首相は誰でもいいが、愚直な小物の野田には今後の反TPP政局を切りぬけるのは難しい。

 単なる愚鈍な木偶の坊にしか見えない野田さんを「どじょう」とか「腰が低い」とか持ち上げてきたマスメディアも、訪米先送りが発表されると途端に、野田内閣の支持率が下落し、不支持率が上回るという報道に転じた。

 これまたアメリカの犬である大マスコミも早くも、飼い主にならって野田さんを見切ったということだろう。そうなってくると、いよいよ真打ちのご登場か。

 だが、オバマも属国の小物総理に会っている余裕などないというのが本心ではないだろうか。BF情報では、アメリカのユダ金手先に対する逮捕が迫っており、オバマは年末年始、なんと14日間連続の休暇を取る予定だという。逃亡か。


野田“訪米断念”のウラ事情…“死に体”政権の悲哀
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20111212/plt1112121544003-n1.htm
 日米両政府は12日、来年1月の通常国会召集前で調整していた野田佳彦首相の米国公式訪問を先送りする方針を決めた。表向き、「野田首相、オバマ大統領ともに日程が立て込んでいる」という理由だが、野田首相は内閣支持率急落で外遊の余裕がなくなっているうえ、米国としても「死に体」寸前の首相を招待するのは得策ではないと判断した可能性がある。

 日米外交筋によると、日本側は一川保夫防衛相らの問責決議可決を受け、年明けの小幅な内閣改造も取り沙汰されており、政府筋は「先が見通しにくい中で無理する必要はない」としている。

 オバマ大統領も、年明けから本格化する大統領選の動きをにらみ、国内問題に集中したい事情がある。ホワイトハウスでの公式夕食会など必要な行事の時間を十分確保するのも困難という。来春以降で再調整する。

 野田首相は11月にハワイで行われた日米首脳会談で、TPP(環太平戦略的洋連携協定)への交渉参加方針や、米国産牛肉の輸入規制の緩和手続き開始を表明。現時点で、日米間の懸案は一応の整理がついた格好になっていることも先送りにつながった。

 ただ、野田首相には支持率急落や、衆参ねじれの中での「3月危機」などがささやかれている。来春以降の米国公式訪問が実現するかは、微妙な情勢といえそうだ。


野田内閣の支持率下落42%、不支持が上回る
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111212-OYT1T00906.htm

 読売新聞社が10〜11日に実施した全国世論調査(電話方式)によると、野田内閣の支持率は42%で、前回調査(11月12〜13日実施)の49%から7ポイント下がった。

 不支持率は44%(前回38%)に上昇し、9月の内閣発足から約3か月で初めて支持率を上回った。

 内閣を支持しない理由は、「政策に期待できない」35%(同28%)、「首相に指導力がない」23%(同18%)などの順に多かった。野田首相が自らの政策や考えを国民に十分に説明していないとの答えは85%(同86%)を占めている。参院で問責決議が可決された2閣僚に関して「辞任すべきだ」との答えは、一川防衛相については62%、山岡消費者相は54%となり、いずれも半数を超えた。ただ、自民党が両氏が辞任しない限り、今後の国会審議に応じないとしていることに「納得できない」は71%に達した。
(2011年12月12日23時57分 読売新聞)

現在、幾つかの案件でオバマに対する捜査が進められているが、オバマにも失脚後に逮捕状が出される可能性が高まっている。以前(2011/10/17号VOl.147)で報告した、太陽光発電パネル会社ソリンドラ(Solyndra)に対する不正融資疑惑や、大量の銃砲を政府ぐるみでメキシコの麻薬組織に密輸出していた疑惑への捜査が依然として続けられている他、オバマが加担したリビア侵攻の違法性についても当局によって調査が進められている。
リビア侵攻において、オバマの命令を拒否したアメリカ正規軍はもちろん参戦していない。しかしオバマの命令を受けた米軍の一部賄賂組みと一部工作局だけは参戦していた。これはオバマを戦争犯罪者として逮捕する法的な根拠となる。当然、パパブッシュやベイビーブッシュにも、違法な戦争行為を含む多くの犯罪に対する容疑で逮捕状の準備が進められている。
(ベンジャミン・フルフォードの国内外 金融・経済・政治の裏事情レポート12/13号より)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
どうなる2012年?本年もよろしくだニャン!
野田内閣の不支持率50%を超えた 悪党民主党野田佳彦首相は通常国会に向けて、内閣改造を断行する考えを表明した。参院で問責決議を受けた一川保夫防衛相、山岡賢次消費者行政担当相を交代させ、野党に消費税増税の協議を促すのが狙い。首相はこれまで一川保夫防衛相・山岡賢次消費者行政担当相らの問責決議による交代という形を避けるため、2閣僚以外の入れ替えも検討している。閣僚人事では民主党の三井辨雄政調会長代理、羽田雄一郎参院国対委員長、田中直紀参院議員らの名前が浮上。民主党の平野博文国対委員長の交代を軸とする党... ...続きを見る
脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・...
2012/01/09 12:28
フェラガモ 財布
米国&大マスコミによる野田切り捨てが始まったが、米自体も末期的 属国離脱への道/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 財布
2013/07/03 10:34
レイバン
米国&大マスコミによる野田切り捨てが始まったが、米自体も末期的 属国離脱への道/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/05 19:58
プラダ 財布
米国&大マスコミによる野田切り捨てが始まったが、米自体も末期的 属国離脱への道/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/06 00:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国&大マスコミによる野田切り捨てが始まったが、米自体も末期的 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる