属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 中東と極東、ヤケクソで両建てを狙う戦争屋。おとなしく単なる貧乏に成り果てろ

<<   作成日時 : 2011/12/27 22:14   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 1 / コメント 0

 きな臭いイランをめぐる状態だが、ブッシュ政権でやりたい放題だったネオコンの悪玉チェイニーは、今月中旬には「米無人機が墜落の時点でイラン上空からの空爆を命じるべきだった」と語っていた。

 日刊ゲンダイによると、米国はすでに、核兵器開発に関わるイラン人科学者を3人殺害しミサイル計画に携わる17人を殺害したという。さすがに悪の巣窟戦争屋の油堕米はやることが暴力団並み。「世界ゴロツキ協同組合」と呼ばれるだけだけのことはある。

 もちろんイランが核兵器を本当に開発しているのだとすれば、それは誉められたものではないが、すでにオバマ政権下では3回の核実験が行われている。米国には、およそ他国を批判する資格はない。オバマはノーベルなんとかを返上すべきである。

 イラクにおいてもアメリカは核兵器開発の疑惑を掲げ核査察を行い何も発見できなかったにもかかわらず結局、戦争を始めた過去がある。

 一方、北朝鮮においては自ら進んで核開発を自慢するような野蛮国であるにもかかわらず、温存している。極東騒乱の発火点として北朝鮮を利用したいからだ。アメリカと北朝鮮は文鮮明を介して深層ではつながっているのだろう。

 アメリカによる暴発要請を金正日はぎりぎりのところで逃げ続けロシアににじり寄ろうとした。進んで戦争をやりたい人間などというのは戦争屋の油堕米だけである。だが、金正日は重い腰があだとなって消されたのではないか?ホンモノはとっくに死んでいて殺されたのは影武者かもしれないが・・・。親中派にして「3代世襲反対」、比較的まともなに見える金正男が冷遇されていることも疑惑に拍車をかける。だとすれば、金正恩はリチャード・コシミズ氏の言われるように、ユダ金サイドの意のままに開戦の口火を切る役割を担っているのかもしれない。
“金正恩体制は確立されるか?”
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201112/article_98.html
“ユダ菌国家、金某の死去に乗じて戦争準備か?”
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201112/article_77.html

 経済崩壊間近で後のないユダ金にとってみると、残された突破口は中東と極東の両建ての騒乱くらいしかないのだろう。実際、各国、重要諸団体のトップにユダ金の息がかかった連中が次々と就きつつあるのだ。

 米国が北朝鮮暴発を誘発するような挑発を行わないか、監視が必要である。そのために、米国は今まで北朝鮮を生かしてきたのだから。

 連中を徐徐に追い詰めて何事もなすことができず、結局、単なる貧乏に落ちぶれさせることが世界中のユダ金以外の人々にとっての幸福となろう。

「イラン戦争」はすでに始まっている!?
http://gendai.net/articles/view/syakai/134397
<西側諜報機関が核開発の科学者暗殺>
 核の危機は北朝鮮に限らない。イランでも進行中だ。
 米国のパネッタ国防長官がこのほど、米テレビのインタビューで、「イランは核兵器を1年以内に造れる。秘密の核施設があればそれよりもっと早くできるだろう」と語ったというのだ。さらに、同長官は「イランが核兵器を開発することを認めない。もし核開発を進めればわれわれはそれを阻止するためあらゆる措置を講じる」と答え、軍事行動も辞さないとの強い姿勢を示した。
 イランの核兵器とそれを運搬するミサイルの開発は急ピッチで進んでいる。西側諜報機関はこれまでに核兵器開発に関わるイラン人科学者3人を暗殺、固体燃料ミサイルの開発に当たっているイラン革命防衛隊基地も爆破した。ミサイル計画についても、最高責任者を含む17人を殺害したうえ、イランの遠心分離機を破壊するコンピューターワームを使って攻撃。ありとあらゆる手段でイランの核開発計画を妨害してきた。こうしたことから“イラン戦争”はすでに水面下で始まったとみる専門家も少なくない。

米大統領、無人機の返還をイランに要請 チェイニー氏「空爆すべきだった」
http://www.cnn.co.jp/world/30004915.html
(CNN) オバマ米大統領は12日、イランが撃墜したとしている米無人機の返還を同国に申し入れたことを明らかにした。一方、チェイニー米前副大統領は同日、同機が墜落した時点でオバマ大統領はイラン上空からの空爆を命じるべきだったとの見方を示した。

オバマ大統領はイラクのマリキ首相との共同記者会見で、問題の無人機について「返還を求めた。イランの反応を見守っている」と述べた。

これに先立ちイランの軍幹部は、「自国の領土で他国の偵察機を歓迎する国はどこにもない。まして、偵察機器やその情報を元の国に戻す者もいない」と述べ、ステルス機を米国に返還するつもりはないと表明していた。

同機をめぐってチェイニー米前副大統領はCNNの取材に対し、「直ちに追跡して破壊することこそ正しい対応だった」と述べ、それにもかかわらずオバマ大統領は「丁寧に返還を頼んだ」と批判。イランが返還に応じることはないだろうと指摘した。

イランのメディアは8日に問題の無人機とされる映像を公開したが、米政府はこれが米機かどうかを確認していない。ただ、国防総省の報道官は、米機が消息を絶ち、機体が回収されていないことを明らかにしていた。

CNNの取材では米政府当局者2人が、消息を絶っているのは米中央情報局(CIA)がアフガニスタンでの偵察活動に使っていた無人機であることを確認している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2012年!本年もよろしくだニャン!
世の中がまるで誰かのせいで乱れ狂い、苦しんでいる人は多い。噂の2012:マヤ文明の予言は自然破壊で?北朝鮮のテポドン2号かイランの核開発により核ミサイル発射ボタンを押されて人類滅亡なのか?1999年地球破壊か人類滅亡かの予言があったが無かった。 ...続きを見る
脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・...
2012/01/07 18:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中東と極東、ヤケクソで両建てを狙う戦争屋。おとなしく単なる貧乏に成り果てろ 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる