属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS アルジェリア事件を口実に集団的自衛権行使を訴える連中

<<   作成日時 : 2013/01/22 08:40   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 2 / コメント 0

 アルジェリアが酷いことになっているが、最近、人に会うとよく「このテロ、裏に何があるの?」と訊かれる。

 多くの人が、大新聞やテレビが流すニュースをそのままに受け取らなくなっているのだ。

 ちなみに、愚息は「日本の集団的自衛権行使を可能とするため、米国が仕組んだの?」と聞いてきた。

 これじゃ、CIAもさぞ工作活動がやりづらいだろう。子どもにまで、読まれてしまっている。確かに、世界中で起こるテロの多くは、CIAやモサドによる自作自演なのは間違いないところだ。なにしろ、アルカイダはCIAが作り出した部隊であり、「テロとの戦い」は米国による略奪のための自作自演テロと言い換えても良いのだから。

 今回のアルジェリアの一件にはフランスが絡んでいるとされているが、テロリストの1人はアフガンでCIAの任務に就いていたという報告もある。
“テロリストはCIAとアルジェリアの秘密情報局から出てきた”
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1798.html

 「日本の集団的自衛権行使を可能とするため」というのは相当に穿った見方であり、資源略奪の一環と考えるのが普通だろうが、少なくともこの事件を集団的自衛権行使の理由にする連中はいるだろう。

 そう思ったら、早速、吠えている気持ち悪い軍事オタクがいる。自衛隊法の改正というが、結局、米国にとって都合の良い自衛隊にするための方便。属国のまま集団的自衛権の行使を可能にすれば、自衛隊=米軍日本支部隊になるのは確実。本当に頭が悪い。

“自衛隊法の改正検討を、邦人救出・輸送で石破氏”
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130120-OYT1T00991.htm?from=ylist
 自民党の石破幹事長は20日の記者会見で、アルジェリアでの人質事件に関し、海外での自衛隊による邦人救出・輸送のため、自衛隊法改正を検討すべきだとの考えを示した。

 石破氏は「今の自衛隊法では、海外で動乱が起き、邦人が空港や港湾まで命からがらたどり着いた場合でも、(隊員の)安全が確保されなければ輸送できない。議論が必要だ」と述べた。

 自衛隊法では、海外での邦人輸送は、現地の安全が確保されている場合に限られる。手段は航空機か船舶で、陸上輸送は認められていない。武器使用にも厳しい制限がある。

(2013年1月20日23時23分 読売新聞)

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アルジェリア:人質事件、自衛隊法改正で邦人保護  軍隊強化ではなく外交強化であるべき
やはり、自民党の本質は 戦争大好き? ...続きを見る
自分なりの判断のご紹介
2013/01/26 12:49
エアマックス 2013
アルジェリア事件を口実に集団的自衛権行使を訴える連中 属国離脱への道/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 12:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルジェリア事件を口実に集団的自衛権行使を訴える連中 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる