属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS TPP守秘契約。ユダ金とその配下の安倍内閣は情報隠蔽のままに条約締結を押し通すつもりだろう

<<   作成日時 : 2013/07/24 07:50   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 0

 「TPPの可否は交渉に参加してみてから判断すればいい。国益を害するようなら参加しないという手もある」

 交渉参加に当たって、こう述べる連中もいた。

 だが、実際は交渉内容すら明らかにされない。

 明らかにすれば、あまりにもひどい半永久的奴隷条約だということがばれるからだ。

 連中は、情報を隠匿したままに条約締結まで押し切るつもり。実際にはもう以前から、交渉内容4年間非公開という事実が明らかになっていた。
“米国のデタラメぶり加速中。TPPの交渉内容は4年間非公開。”
http://blog.zokkokuridatsu.com/201303/article_10.html
“ユダ金の悪だくみが明らかに。TPP交渉内容4年間秘匿される!すぐに交渉離脱決定を要求せよ”
http://blog.zokkokuridatsu.com/201112/article_29.html

 TPPを仕切るユダ金がすべての元凶であるのはもちろんだが、飛んで火に入る夏の虫のごとく、尻尾を振って交渉を決めた安倍晋三の罪は大きい。

 「日本を取り戻す」というが、実際は「日本を取り殺す」もしくは、せいぜいやさしく言っても「日本を売り渡す」。

 TPP参加を決めた日本史上最悪の売国奴として、末代までその罪から逃れることはできないだろう。


TPP「例外」確認へ…日本、来月に基本方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130723-00000766-yom-bus_all
読売新聞 7月23日(火)15時45分配信
 【コタキナバル(マレーシア東部)=永田毅】日本政府は23日午後(現地時間)、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉会合に正式に参加し、過去の交渉内容や条文案を記した文書を閲覧できるようになった。

 2010年3月に第1回会合が開かれており、参加の遅れを挽回するため、交渉団はただちに文書の分析に入った。25日までの会期中に各国の意見も幅広く聞き、8月後半の次回会合までに日本の基本方針をまとめる。

 日本の参加に必要な米国の議会承認手続きが終了した23日、鶴岡公二首席交渉官が交渉の前提となる守秘契約に署名し日本が12か国目の交渉参加国となった。日本が加わることで、TPPは世界の国内総生産(GDP)のおよそ4割を占める巨大通商交渉となった。

 その後、鶴岡氏は交渉全体を議論する「首席交渉官会合」に初めて参加した。ほかの交渉官も特許や著作権のルールを議論する「知的財産」や、公共事業への参入条件を話し合う「政府調達」など開催中の五つの作業部会に参加した。

 24日午後と最終日の25日は、参加国が日本に進展状況を説明し、日本からの質問を受ける「日本集中日」となる。

 日本はコメなど農産品5項目を関税撤廃の例外措置として確保する一方、工業品などの関税自由化は進めたい方針。集中日には、「すべての品目を交渉の対象とするが、例外はありうる」など基本的な交渉の考え方を確認するとみられる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TPP守秘契約。ユダ金とその配下の安倍内閣は情報隠蔽のままに条約締結を押し通すつもりだろう 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる