属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS すでに日本郵政はユダ金の手中に落ちたのか

<<   作成日時 : 2013/07/25 06:09   >>

驚いた ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本郵政とアフラックの提携強化が報道されている。

 小泉政権を継承するユダヤ金融資本配下の安倍政権において、すでに郵政グループは連中の手中に落ちてしまったものと見られる。

 2015年秋の上場と同時に、筆頭株主はユダ金という具合になり、郵貯マネーは連中の餌食になる。これが目的だろう。

 余談だが、つい1週間ほど前、アフラックから自宅に売り込みの電話があった。「ユダヤの保険屋と取引するつもりはない」と言い放って断った。だが、「職を変えた方が良い」とか「売国奴め」など他にも言うべきことを言えず、言葉が足りなかったと反省している。

 自宅まで売り込みの電話をかけるというのは、ユダ金保険屋の特徴だろう。日本の保険会社から電話がかかってくることはないが、ユダ金保険屋からは頻繁にかかってくる。連中はTPPを手ぐすね引いて待っているのだ。

 
日本郵政、米アフラックと提携強化=がん保険、直営全郵便局で販売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130725-00000000-jij-bus_all
時事通信 7月25日(木)0時0分配信
 日本郵政が、米保険大手アメリカンファミリー生命保険(アフラック)との業務提携を抜本的に強化することが24日、明らかになった。傘下のかんぽ生命保険がアフラックと代理店契約を締結。同社のがん保険販売を、同じ郵政傘下の日本郵便が直営する約2万カ所の全郵便局に拡大する。アフラックは2014年秋に日本郵政グループ専用のがん保険を供給する。26日にも基本合意し、両社トップが記者会見して発表する。
 米政府は長年、日本の保険市場の閉鎖性を指摘し、日本郵政の郵便局ネットワークをかんぽ生命以外の民間保険会社にも全面開放するよう求めてきた。今回の提携強化は、環太平洋連携協定(TPP)交渉と並行して行われる保険分野などの日米2国間協議にも影響を与えそうだ。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 64
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
すでに日本郵政はユダ金の手中に落ちたのか 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる