属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカとイスラエルこそが、世界の平和を乱す元凶

<<   作成日時 : 2013/10/28 15:24   >>

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて、日本のマスコミは一切報道しないが、イスラエルはシリアに核攻撃したことが分かっている。

 また、今日のニュースではイスラエル軍がトルコ人活動家ら9人を殺害した2010年5月のガザ支援船拿捕(だほ)事件について、国際刑事裁判所がイスラエル軍を「人道への罪」で訴追するという。この手のことは、もちろんイスラエルの凶悪さを示すほんの一例に過ぎない。
“2013/8/1 イスラエル シリアに核爆弾投下か?”
http://www.youtube.com/watch?v=LZi3aHTEKeQ
“イスラエル:ガザ支援船拿捕、「人道への罪」で訴追へ 国際刑事裁、アフリカ外で初”
http://mainichi.jp/select/news/20131028ddm002030116000c.html

 そして、イスラエルと一心同体とも言えるアメリカは国家デフォルトの危機で、経済的にはどうしようもないダメな国という評価が定着しつつあるが、同盟国首脳さえも諜報機関が盗聴するという悪事がばれ、もはや全面的に信頼を失いつつある。

 つい先日は、アメリカがパキスタンや中東で繰り返し行っている無人機攻撃で少なくとも一般人が400人以上殺戮されているというニュースが報じられた。国連の調査チームは国際法に違反している可能性があるとみて、アメリカに情報開示を求めている。
“無人機攻撃「国際法違反の疑い」”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131026/k10015574271000.html

 いうまでもないことだが、この凶悪な両国に共通するのはユダヤ人が支配する国であるという点だ。

 私たちの政府中枢もまた、この連中の下僕となって反国民的行為に奔走中だ。この処置なしの両国に鉄槌を下すには、まずアメリカに対する経済的施しを止めることだ。そして、日米同盟を破棄する。

 ユダ金が崩壊すれば、連中はこのような悪事を今後も続けることはできないはず。その鍵を握るのが、属国となって連中のおサイフ役を務めている日本にかかっている。独立を目指し、実現することができるかどうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカとイスラエルこそが、世界の平和を乱す元凶 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる