属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS ベネズエラで米の謀略大使を国外追放

<<   作成日時 : 2013/10/02 08:22   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界中で、自国とユダ金企業の利益のために謀略活動・破壊工作活動に勤しむゴロツキ国家米国。

 ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は9月30日、野党勢力と協力して破壊工作活動を画策したとして、在ベネズエラ米臨時代理大使と大使館員2人の追放を命じた。この破壊工作活動というのは、電力システムと経済を破壊する活動だという。

 本来なら、日本もCIAに国外追放を命じるべきだし、それに値する謀略行為を長年続けられてきた。

 繰り返し言うが、米国は他国に謀略を仕掛け国益を収奪していくというビジネスモデルを放棄すべきだろう。本国政府が一部閉鎖され、デフォルトの危機も迫る国は、おとなしく引きこもれ。

ベネズエラ大統領、米代理大使の追放を指示
http://news.livedoor.com/article/detail/8118659/
【AFP=時事】ベネズエラのニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領は9月30日、野党勢力と協力して破壊工作活動を画策したとして、在ベネズエラ米臨時代理大使と大使館員2人の追放を命じた。

 マドゥロ大統領は、ケリー・キダーリング(Kelly Keiderling)米臨時代理大使と米大使館員2人に対し48時間以内に出国するよう通告、外相に3人の追放を命じたと述べた。

 米国とベネズエラは2010年以降、大使を交換しておらず、キダーリング臨時代理大使が在カラカス(Caracas)米外交官で最高位となっていた。

 マドゥロ大統領は、米外交官らが「ベネズエラの極右」──同大統領は野党勢力をこう呼ぶ──と会い、野党勢力に資金援助を行い「電力システムと経済を破壊する活動を奨励」したと述べている。

 ベネズエラでは長年にわたって度重なる停電が発生しており、政府は過去にも、野党勢力が停電や経済的破壊活動を企てたとして非難していた。
【翻訳編集】AFPBB News

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベネズエラで米の謀略大使を国外追放 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる