歴史に大きな汚点。ジャパンハンドラーズの飼い豚が、本日、特定秘密保護法案を強行採決する見込み

 世界の趨勢に逆行し、朽ちかけのユダヤ米国の言いなりになっている安倍晋三をはじめとする豚どもが、秘密保護法案を強行採決する見込みだ。

 連中がやる行為は、もちろん真正保守などではなく、口封じのための売国政策。

 連中は、なぜ、そんなに急ぐのか。

 それは、米国の終わりが迫っているからだ。デフォルトをかろうじて先送りし、世界最大の格差社会が行き着くところまで行き、もう先はない。

 このピンチを、やはりどうしても諦めきれない極東大戦争で、ハイパーインフレで借金を帳消しにし、あるいは戦争状態の混乱に乗じて、債務の不返還を宣言するとか。

 そのためには、日本のネットを封じる必要がわるわけだ。

 悪事を働く奴じゃなく、悪事を暴く者を罰する法律。これが、秘密保護法案だ。


秘密保護法案きょう採決強行 与党、衆院で
http://www.asahi.com/articles/TKY201311250512.html
 安倍政権は25日、衆院で審議中の特定秘密保護法案について、26日の採決に反対していた日本維新の会が賛成しない場合でも、与党とみんなの党だけで衆院国家安全保障特別委員会と本会議で採決を強行する方針を固めた。自民、公明両与党と維新、みんなの4党が共同でまとめた修正法案が26日に衆院を通過する見通しとなった。複数の政権幹部が明らかにした。

 4党は25日の同委で修正法案の趣旨説明を行った。その後の同委理事会で、26日に同委に安倍晋三首相が出席して質疑をすることを額賀福志郎委員長の職権で決めた。与党は26日朝の理事会で同日中の採決を提案したうえで、質疑後に修正法案を可決し、午後の本会議に緊急上程して衆院を通過させる方針。

 維新は修正案に賛成する一方、秘密指定が妥当かどうかを検証する第三者機関の設置という修正要求に対し、首相が答弁でどこまで確約するかを見極めたいとして、26日の採決に反対する方針を決定。政権と維新の対応が焦点だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック