属国離脱への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本に消費税増税を迫ったはずの米国が、さらなる消費税増税に警告を発する背景は?

<<   作成日時 : 2014/10/14 17:56   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

 野田豚政権時代、ユダ米支配のIMFは狂ったように消費税増税を日本に迫ったわけだ。

 これには主として2つの理由があっただろう。一つは、増税分を瀕死の米国に貢がせること、もう一つは日本経済に打撃を与えドル防衛すること。

 消費税が8%に増税された結果、住宅業界などを中心に日本経済は見事に失墜した。株価操作によってかろうじて経済が維持されているように見せかけているだけで実体経済は冷え込む一方だ。

 米国にすればもくろみ通りだろうが、ここにきて属国政府に強制した米国自らが更なる消費税増税に警告を発している。

“ルー米財務長官 消費増税に重大警告 景気低迷に懸念”
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141014/plt1410141531002-n1.htm

 これをどう見るか。

 いつもの自作自演的なカモフラージュか、あるいは、8%での日本経済の落ち込みが予想以上だったので、ドル防衛には役立つものの逆に税収減となって日本から収奪できなくなってしまうということか。

 いやいやそもそも増税分は全額社会保障費に振り分けるというのが、消費税増税を決めるときの謳い文句だったという声が聞こえてきそうだが・・・。

 そこは、内容の空虚な答弁と嘘を吐かせたら右に出るものはいない馬鹿総理である。安倍は国会で次のように述べている。

「税率を10%に引き上げた場合には、2015年度は(増収分の)2割程度の約1兆8000億円を社会保障にあてることになる」
“消費増税 安倍・海江田の「談合質疑」は国民をバカにしている”(NEWSポストセブンより)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141012-00000006-pseven-soci


 残りの8割はどうするつもりなのか。この嘘つき野郎。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本に消費税増税を迫ったはずの米国が、さらなる消費税増税に警告を発する背景は? 属国離脱への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる