ケツの穴が小さいくせに、弾圧は大胆

 一国の総理大臣が、総裁選を競い合う相手との討論会から逃げまくっている。  哀れなくらいに小心者なわけだが、考えようによっては石破氏と討論して、自らは真っ当なことなど何一つ話せないことを自覚しているのだろう。  能力はゼロに近いぐらいに無能であるが、権力欲に対する執着心は誰よりも強い。これも考えようによっては、安倍の意思とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪、ちょっとどうかしているんじゃないか

 開いた口が塞がらない。    東京五輪をめぐる日本政府の対応は、何か裏があるのではないかと勘ぐりたくなる。  ここ数週間で、「もう返上した方がいいのではないか」と思いたくもなる愚策が連発されているのだ。一般にはサマータイムが物議を巻き起こしているが、これは可愛い部類。  一発目はコレ、クールシェア。  マラソンコース沿線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more