「ネトウヨ内閣」が早速腐臭を放ち始めた

 安倍晋三による改造内閣の顔ぶれがあまりにもひどく、ネトウヨ内閣と呼ばれているのも納得だ。

 最も驚かされたのが、柴山昌彦が文部科学相に任命されたこと。

 早速本性を現した。

 教育勅語の現代的アレンジは検討に値すると発言した。

 ‘現代的アレンジ「検討に値する」 教育勅語巡り文科相’
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36054490T01C18A0CC1000/

 小沢一郎氏は早速「親兄弟友達を大事にしようというのに、教育勅語を持ち出す必要性はかけらもない」と批判しているが、賛成する。

 柴山の発言からは背後の日本会議や神道政治連盟といったカルト連中が透けて見える。さぞ、褒めてもらえることだろう。

 私はこの柴山をはじめとする、安倍晋三の周りにうろついているネトウヨ的連中や腐れカルトの連中を憎悪している。もちろん日本会議や神道政治連盟などもネトウヨカルトである。昔から自民党には各分野の族議員なるものが存在したが、いまは「ネトウヨ族議員」が主流になった。

 連中が跋扈するようになってから、私は神社への初詣を5、6年も控えている。

 しかし、この調子でいくと、この改造内閣は今まで以上に失言の連続で、いずれ立ちゆかなくなる。

 文科大臣が教育勅語を肯定するようになるとは、いつかきた道がそこまで迫っている。この連中は教育勅語を徴兵制復活の道具にしたいだけ。真っ当な文科省職員は座して従うのか、こんな馬鹿に。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック