検察庁法改正案のごり押しを見て、「ケチって火炎瓶事件」を思い出した

 我が国の総理大臣は、自らの悪事が裁かれないようにと法律を改正し、忖度してくれる人物を検事総長に就任させようと躍起になっているわけであるが、その様子は世界最悪の評価を受けたコロナ対策とは異なり、いかなる障害があってもごり押ししてやり遂げる決意とスピードを感じさせる。

 まさにゴロツキである。

 ここで思い起こされるのは、一昨年に話題となった「ケチって火炎瓶事件」(安倍晋三宅火炎瓶投擲事件)である。

 地元市長選で政敵候補を追い落とすために、安倍事務所が暴力団に政敵に対する謀略を依頼するも、約束した成功報酬を全額払わなかったために事務所に火炎瓶を投げ入れられるという恥ずべき事件だ。

 このような過去を持つゴロツキが何食わぬ顔で総理大臣を務めるという国。末期的症状というしかない。

 暴力団に謀略行為を依頼する時点で、人間として終わっている。

 このようなゴロツキにしてみれば、自分の都合のいいように法律を改正することなど朝飯前であろう。当然のことなのである。

 しかし、人間として最低のゴロツキをここに至るまで生かしてしまったのは、また、国民であることも事実。結局、「日本に不正選挙などあるはずがない」という大多数の一般国民のお気楽さが安倍を生かしてしまったのだ。捏造、隠蔽、廃棄を当然のようにやりまくってきた安倍政権。選挙(計票)だけは公正に実行していると考える方がどうかしている。

 だが、それももう限界であろう。「#検察庁法改正案に抗議します」の盛り上がりがそれを示している。

 安倍にとっては、検察庁法改正案を採決強行するも地獄、廃案にするも地獄。

 大人しく逮捕されてしまえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント