本庶佑氏も発言しているように、新型コロナのワクチン開発は困難

ビル・ゲイツは「ワクチン完成までは人々の生活を元に戻すべきではないことは明らかだ」と主張している。日本のメディア等においても「ワクチンさえできれば」「ワクチンが開発されないと、東京五輪も開催不可能」といったワクチン待望論、ワクチン万能論がまかり通っている。(ビル・ゲイツ氏は「ワクチン完成するまで生活戻すな」と提言https://news…
コメント:0

続きを読むread more

ビル・ゲイツの悪評、もう覆い隠しようがない

ビル・ゲイツが新型人工ウィルスのパンデミックに関与し、毒ワクチン&マイクロチップ埋め込みを狙っているとの情報がアメリカで流布しているため、メディアは「ゲイツが陰謀論の被害にあっている」と火消しに躍起で、複数のメディアが同様の記事を出している。こうした中、板垣英憲氏がブログで下記のような情報を掲載。板垣氏が書くと、陰謀論っぽさが増してしま…
コメント:0

続きを読むread more

隔離先は刑務所で

安倍がG7で渡米するというのだが、水際対策として帰国後2週間は自宅隔離になるという。いやいや自宅と言わず、刑務所が安倍にはふさわしい。2週間と言わず、一生出てこなくていい。それが大多数の国民のためになる。 「安倍首相 G7出席へ調整、帰国後は隔離か」https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3…
コメント:0

続きを読むread more

アビガン、副作用問題なし

藤田医科大学によるアビガンの、2000人以上に及ぶ観察研究から新たな副作用はなく問題ないことが分かったという。副作用については、約4分の1の患者に高尿酸血症や肝機能障害が表れたが、いずれも以前から知られたものであり、投与終了後に改善する。さあ、「アビガンには副作用が・・・」という方々、いったい情報ソースはなんだったのでしょうか?何か邪な…
コメント:0

続きを読むread more

竹中平蔵が推進するスーパーシティ法案に断固反対

スーパーシティ法案、明日5月27日に採決のようだ。スーパーシティ法案は結局管理社会への移行を狙ったものであろう。ビルゲイツのマイクロチップ 入り毒ワクチンと両面から人々をがんじがらめにする。今から思えば竹中を追放した民主党政権はかなりマシだった。平成の三大売国奴の一人、竹中(あとの二人は小泉&安倍)を復権させたことからも分かるように安倍…
コメント:0

続きを読むread more

アビガン承認ならず

「5月中にアビガンを承認する」案の定、安倍はまた嘘を重ねた。この背景には、深い闇がある。効果が上がっていない、企業から申請が出ていない等が理由とのこと。効果という点では、すでに藤田医科大による観察研究が進んでいるはずであるが観察研究は治験と違い、いくらやっても承認の際の理由にはならないという。最初からそういう企みのもとに観察研究とされた…
コメント:0

続きを読むread more

安倍の愚鈍・邪悪さを見て思い出す「日本の首相は馬鹿にしかやらせない」(BYマイケル・グリーン)

ジャパンハンドラーズのマイケル・グリーンのセリフ「日本の首相は馬鹿にしかやらせない」がよく知られている。本当にこうあからさまに言ったがどうかわからないが、要するに善悪の判断もろくろくできず、命じられたことを命じられた通りに実行するような愚鈍さが首相には必要ということなのだろう。このセリフを頭に入れた上で、首相就任以来の安倍晋三を見ている…
コメント:0

続きを読むread more

ファビピラビル (アビガン)、ロシアでも有望な試験結果

 日本発のアビガンが開発国である日本でなかなか承認が進まない一方、海外ではアビガン(ファビピラビル)の評価が進んでいる。感染者数世界第2位のロシアでも新型コロナに対して有望な試験結果が出た。 世界中で次々にアビガン効果でコロナが収束し、一方、日本だけ未承認で第二波、第三波でその度ごとにだらだらと緊急事態宣言出していたら、本当に国は滅びま…
コメント:0

続きを読むread more

聞き飽きた「任命責任は私にあります」

黒川弘務東京高検検事長が辞職し、安倍晋三は「法務省、検察庁の人事案を内閣として認めたもので、責任は私にある。批判は真摯に受け止めたい」と述べている。 今まで、私たちは安倍晋三のこのセリフ、いったい何回、何十回聞いただろうか。 言えばいいっていうもんじゃない。安倍晋三の「責任は自分にある」ほど虚しい言葉はない。 この男は「責任は自分…
コメント:0

続きを読むread more

直ちに自粛を解除し、日常に戻るべきだ

インフルエンザによる死者数は、日本で年間約1万人と推計されている。誤嚥性肺炎を除く肺炎の死亡者数、日本で年間10万人。餅を喉に詰まらせて起こる窒息事故による死者は、1月に1300人。新型コロナの死者、これまでのところ約700人。つまり、新型コロナはインフルエンザや肺炎よりも驚くほどリスクが低く、むしろ新型コロナよりも餅を食べる方が高リス…
コメント:0

続きを読むread more

アビガン潰しの動きが本格化している。

日本医師会有識者会議がアビガンの効果と安全性に疑念を表明し、安倍が約束した今月中の承認が不透明になった。藤田医科大学を中心に約200医療機関が参加する観察研究によれば、軽症では投与開始7日後に70%、14日後には90%に改善、中等症では投与開始7日後では66%、14日後では85%だった。重症でも投与開始7日後に41%、14日後には61%…
コメント:0

続きを読むread more

種苗法も頓挫

種苗法も頓挫したようだ。ステイホームで今まで仕事やプライベートに夢中だった人が政治に目を向けるようになった。自然と安倍政権がやっている売国政治に気づき、怒りの声をあげる人が急増。安倍が辞めるのは当然だが、逮捕されるかどうかが人々の関心事となっている。安倍は憲法改悪という邪な欲望を実現させることもできず、虚しく牢屋に入ることを切望する。次…
コメント:0

続きを読むread more

今度は国民投票改正案、悪法の無限ループ

国民にとって不要不急の悪法を立て続けに成立させようと試みる統一協会日本会議清和会政権。安倍は自らの邪悪な欲望を実現させるにルールを変えてしまうことを就任以来ずっと続けている。このままでは悪法の連打には切りがない。もはや安倍が逮捕されることしか、この暗黒政権から逃れる方法はないと思う。何度も言うが、安倍政権下での憲法改正は議論するする必要…
コメント:0

続きを読むread more

種苗法案とスーパーシティ法案もとんでもない悪法

検察庁法改正案は一応見送られた(卑怯な安倍のことだから、どんでん返しが待っているかもしれないが)。残る悪法は、種苗法案とスーパーシティ法案である。種苗法については、簡単に言えば登録品種の自家増殖を禁じるものだ。当初は一般品種は含まれないが、それもいつまで続くか。世界的に見れば排除される傾向にあるモンサントに「どうぞ、日本を食い物にしてく…
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三、強行採決の歴史を見れば戦後憲政史上最悪の政権であることが一目瞭然

安倍晋三にとって強行採決はごく当たり前の手法である。安倍政権では国民に牙をむくような悪法が頻繁に成立してきた。今回の検察庁法改正案は、あまりにも多くの国民の怒りを買い、採決見送りではと報じられているが、油断はできない。ここで安倍政権下において強行採決された売国的な悪法の数々をまとめてみよう。 2013年特定秘密保護法案 2015年安…
コメント:0

続きを読むread more

安倍が隠したいのは、1億5000万円のカネの一部安倍事務所還流疑惑

安倍晋三がなんとしても抑え込みたい河井夫婦の公職選挙法違反事件。 結局、本丸はここだろうね。 自民党からの1億5000万円、安倍事務所への還流疑惑。 検察庁法改正案の強制採決が勝つか逮捕が先行するのか。 もはや安倍はいつ首相を辞めるかっていうより、逮捕されるかどうかっていう段階。 ジャーナリストの山岡俊介氏が追及中だ。 ツイ…
コメント:0

続きを読むread more

「新型コロナ入院患者の3分の1以上が腎不全を発症 米国で相次ぐ」だそうです

スプートニクを見ていたら、恐るべきニュースが載っていた。 「新型コロナ入院患者の3分の1以上が腎不全を発症 米国で相次ぐ」 https://jp.sputniknews.com/covid-19/202005157457307/ 「米ニューヨーク最大級の病院『ノースウェル・ヘルス』で新型コロナウイルスの治療を受けている患者…
コメント:0

続きを読むread more

検察庁法改正案のごり押しを見て、「ケチって火炎瓶事件」を思い出した

 我が国の総理大臣は、自らの悪事が裁かれないようにと法律を改正し、忖度してくれる人物を検事総長に就任させようと躍起になっているわけであるが、その様子は世界最悪の評価を受けたコロナ対策とは異なり、いかなる障害があってもごり押ししてやり遂げる決意とスピードを感じさせる。  まさにゴロツキである。  ここで思い起こされるのは、一昨…
コメント:0

続きを読むread more

本当に荒唐無稽な陰謀論と言えるか

 「新型コロナウィルスを生み出したのはビル・ゲイツとする荒唐無稽な陰謀論が出回っている」といったようなテキストを書くジャーナリストや新聞記者が散見されるようだが、何を根拠に陰謀論を言い切るのか。  この男が人口削減論者であり、実際に「ワクチンがあれば、世界の人口を10〜15%削減できる」と公言し、また、実際にビル&メリンダ・ゲイツ…
コメント:0

続きを読むread more

救いようのない馬鹿が県知事をする群馬の不幸

山本一太というのはパフォーマンスしか脳がない馬鹿。 国政でこれ以上出世の可能性がないから県知事になった小男。 せいぜい小物界の大物。 その阿呆がわざわざ国に緊急事態解除除外を要望した。 小物だけにむやみに独自色を出して目立とうとする。 馬鹿は努力してはいけない。 周りが迷惑する。 群馬在住としては本当に腹立たしい。  …
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三よ、検察庁法改正案をぜひとも強行採決してください

面白くなってきた。 安倍一味は、こうなったら検察庁法改正案をぜひとも強行採決してください。 徹底的に悪政を続けてください。 そうすればするほど、安倍一味の逮捕が近づいてくる。 本人も退任後の逮捕を恐れているはずだ。 最終的に安倍晋三は無傷じゃ済まないと思う。 晋三の父親・安倍晋太郎は生前「晋三は情がないから政治家には向か…
コメント:0

続きを読むread more

酷すぎる棄民政策、休業協力金が課税対象に

安倍政権の悪辣さは筆舌に尽くしがたい。 なんと、東京都など各自治体が休業要請に応じた店舗などの事業者に支払う「協力金」について、政府は全国で課税対象にする方針を決めたというのだ。 これは、ひどい! 高熱が何日続いても検査すらしてもらえない感染者、遅々として進まない給付金の手続き、そして休業協力金が課税対象に・・・。 …
コメント:0

続きを読むread more

解除基準を決めずに「緊急事態宣言」を出した戦後最悪の無能総理大臣

安倍晋三は、「緊急事態宣言」の解除基準、5月14日めどに公表するというのだが、常識人なら「緊急事態宣言」する時点で解除基準を決めておくのが当然のことだろう。 しかし、解除基準も念頭に置かずに「緊急事態宣言」を出したことがはっきりした。 「【藤井聡】あなたはこれを聞いてもまだ冷静になれますか?安倍総理の衝撃発言」 https:/…
コメント:0

続きを読むread more

検察庁法改正が国民の怒りに火をつけたようだ、日本版チャウシェスクの最期も遠くない

皆さん、ご承知の通り、新型コロナ騒動のどさくさに紛れて、検察庁法改正案やら種苗法改正など、悪法が次々に通されようとしている。 安倍はいつものように国民の批判に知らんぷりして、まかり通そうとしているが、今度ばかりはそうもいかないかもしれない。 ツイッター「#検察庁法改正案に抗議します」の署名呼びかけに500万件近くも集まってい…
コメント:0

続きを読むread more

ビル・ゲイツの悪だくみ

ベンジャミン・フルフォードの最新刊『人類最終戦争』には、今回の新型コロナ騒動についてもページが割かれている。 その中で紹介されているのが次の事実。 ビル・ゲイツが運営するビル&メリンダ・ゲイツ財団は、昨年2019年10月18日、ニューヨークで世界フォーラムと共同で「イベント201」を主催した。これは、世界的広域流行病マルチメディアシ…
コメント:0

続きを読むread more

統一教会べったりの櫻井よしこがなぜ改憲を主張するのか

櫻井よしこら似非右翼が主催した憲法フォーラムの内容があまりにも酷いようなので、昨日に続けて言及したい。 お約束通りに、「現在の憲法のせいで政府が徹底したコロナ対策ができない、だから憲法改正を」という趣旨なのだが、奇妙なものである。 なぜ、反日朝鮮邪教統一教会にべったりの櫻井よしこが日本の憲法改正を主張するのであろうか。 櫻井よしこ…
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権下では憲法改正の論議すらすべきではない

今日5月3日、安倍晋三は、似非右翼の櫻井よしこらが主催する憲法フォーラムに、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、憲法を改正して「緊急事態条項」を創設する必要性を訴えるビデオメッセージを寄せた。 多くの国民は理解していると思うが、今回の新型コロナ対策で日本が世界に恥を晒したのは、緊急事態条項を持たなかったせいではない。安倍政権とそこ…
コメント:0

続きを読むread more

毒薬か、レムデシビルで急性腎不全急増の情報

中国の治験の結果、レムデシビルは効果なし、しかも一部患者には重い副作用が出たという。腎障害や肝障害、特に腎障害は患者の4分の1というのだが、腎臓肝臓に害のある薬は程度にもよるが危険すぎる。 日刊ゲンダイは、米国ではレムデシビルで重症患者の2〜4割が急性腎不全を発症し、緊急の人工透析が必要になっていると報じている。 これは、まさに毒薬…
コメント:0

続きを読むread more