ビル・ゲイツの悪評、もう覆い隠しようがない

ビル・ゲイツが新型人工ウィルスのパンデミックに関与し、毒ワクチン&マイクロチップ埋め込みを狙っているとの情報がアメリカで流布しているため、メディアは「ゲイツが陰謀論の被害にあっている」と火消しに躍起で、複数のメディアが同様の記事を出している。
こうした中、板垣英憲氏がブログで下記のような情報を掲載。
板垣氏が書くと、陰謀論っぽさが増してしまうのが難点であるが、これが本当なら喜ばしい。

「コロナ騒ぎも佳境に入ったけれど、このなかで暗躍している悪者はだれか、普通の人にもわかってきた。ズバリ、ビル・ゲイツである」
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken
◆〔特別情報1〕
米国在住の日本人投資家satokoさんからの報告である。
ビル・ゲイツは、出国逃亡しようとして阻止されたという噂のなか、ゲイツの財団がやっていたコロナウィルス検査の研究も監督官庁であるFDAが中止を命令している。ゲイツ財団がインドで行っていた小児マヒのワクチンにより、かえって小児マヒが増加しているだの、子宮頸がんワクチンで不妊症が増えただの、変な話ばかりでおかしいと、みんな不審に思っていた。ワクチン反対派は、今回のコロナ騒ぎで、ワクチン接種が義務化されそうで、みんな心配していた。

"ビル・ゲイツの悪評、もう覆い隠しようがない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。