ロシアがアビガンのジェネリックを新型コロナ薬として暫定承認

 日本が、アビガンの承認を意図的に遅らせている一方、ロシアはアビガン のジェネリック「アビファビル」を暫定承認した。中国に続き、ロシアでも好結果を出せば、ますます安倍政権は追い詰められていくだろう。



「アビガン」のジェネリック、ロシアが新型コロナ薬として暫定承認

 ロシア保健省は同国初の新型コロナウイルス感染症(COVID19)治療薬として、抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」のジェネリック(後発医薬品)に暫定承認を与えた。政府系ファンド(SWF)のロシア直接投資基金(RDIF)が声明で発表した。

 暫定承認を受けたのはRDIFの合弁事業が開発した「アビファビル」で、新型コロナウイルスの増殖能力阻害を目指して開発され、臨床試験で効果が認められたという。アビファビルは富士フイルム富山化学が開発したアビガンのジェネリック。

"ロシアがアビガンのジェネリックを新型コロナ薬として暫定承認" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。