騙されるな、インフル・コロナ同時流行は多分起こらない

厚労省やマスメディアが、今冬のコロナ・インフル同時流行を煽り始めた。

インフルの季節 コロナとの同時流行に備えよ

インフル「ワクチン」高齢者優先接種へ コロナ同時流行に備え

しかし、同時流行はまずないだろう。南半球のオーストラリアでは冬にもかかわらず、インフルエンザ罹患者はほとんど見られなかったという。
一つのウイルスに感染すると、自然免疫が誘導されるために、他のウイルスには感染しづらくなる現象「ウイルス干渉作用」が起こると推測されるのだ。

ウイルスでウイルスを制す

では、なぜ同時流行が煽られるのか?
数々の専門家が新型コロナワクチンへの疑念を表明し、実際に知見では副作用も報告されている。
新型コロナワクチンを打たないと表明する人も少なくない。

「自分だったら怖くて打ちたくない」国産ワクチン開発に挑む研究者の“意外な本音”

だから、人口削減のための悪巧みをインフルのワクチンを打たせて実行しようというわけであろう。
そうでしょう、ビルゲイツさん?

"騙されるな、インフル・コロナ同時流行は多分起こらない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。