中国紙:“環太平洋連携協定(TPP)に「中国は参加するだろう」”

 中国紙チャイナ・デーリーが、中国商務省筋のコメントとして「中国はTPPに参加するだろう」と報じている。  日本にとって何一つメリットのないTPP参加の理屈付けとして、ジャパンハンドラーズの指示通りに動くお馬鹿さんたちは「対中包囲網」を挙げていたが、先に書いたように当のアメリカが中国に参加を呼びかけていたわけで、嗤うしかない。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いつもの人間のクズの皆さんが、一堂に会したようです

 リチャード・アーミテージ、マイケル・グリーン、ジョセフ・ナイといったお馴染みの米ゴロツキ属国利権糞野郎どもと、日本人の手先連中(加藤良三元駐米大使・岡本行夫ら)が、「日米安全保障研究会」を発足させた。  主催するのが笹川平和財団というのも、CIA→朝鮮邪教ラインの腐臭がぷんぷんと漂う。  何度も書いてきたことだが、日米安保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横須賀市長選、マイケル・グリーンの手先売国奴がプッシュする自民系候補敗退

 小泉純一郎・進次郎のマイケル・グリーン子飼いゴロツキ親子の地盤、横須賀市長選で、自民候補が敗退。  ムサシの集票改竄装置が使えない地方の首長選は、本当の支持率通り、自民系候補が敗退を続けている。  一方、大手マスメディアは相変わらず、内閣支持率70%と捏造し、裏社会が連動する参院選不正選挙を側面支援している状態だ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米情報当局の悪事の一端を告発したスノーデン氏を「容疑者」扱いする日本のユダ米子飼いメディアの哀れ

 米情報特局による悪事の一端を暴露した元CIA職員のエドワード・スノーデン氏が南米エクアドルに亡命を表明し、ロシアが匿っている等の憶測が報道されている。  一般的に考えて、このCIA元職員は組織の悪事を看過できず暴露した勇敢な人物だと考えられる。米政府やロイター、CNNといったユダ米メディアならいざ知らず、日本のマスコミまでがこぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日刊ゲンダイにRK氏のインタビュー記事

 21日に発行された日刊ゲンダイ。  毎度、大手新聞と180度違う論調は日本の良心メディアというべきものだと感じていたが、この日の日刊ゲンダイはとくに素晴らしい。  リチャードコシミズ氏へのインタビュー全面記事が掲載されているのである。  氏の言説を知る人にとってはオブラートに上手く包んでいながら、言うべきところはしっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「テロを防ぐためにはやむを得なかった」という馬鹿

 米国家安全保障局による非道な情報収集事件に関して、あまりにずれまくった自称政治評論家やコメンテーターの発言が見るに堪えないので、一言だけ。  連中は異口同音に「テロを防ぐためにはやむを得なかったが、個人のプライバーを犯したのは事実」みたいな戯れ言を言っている。  これがなぜ見るに堪えない発言かと言えば、ユダ米の連中が言う「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CIAの情報収集暴露事件を受けて

 2週間も更新できなかった。死にかけていたわけではなく、5月後半から先週にかけて本業が多忙だったせい。今週は仕事の方は平常通りに戻っている。  さて、そうこうしているうちに、アホノミクスは完全に化けの皮が剥がれ、どうやら参院選までも持ちそうにない。  アベノミクスとはいっても、別に安倍晋三がプランニングしたわけでもなんでもな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国のTPP参加をアメリカが働きかけていた

 中国がTPP参加を検討していることが明らかとなった。  中国の交渉参加により、交渉難航し100年でも200年でも発効できなくなる可能性が出てくる。  が、ことはそう単純ではない。  中国の参加はアメリカにとって不利なはずであり、そもそも馬鹿右翼どもは「TPP=安全保障・中国包囲網」という論理をまくし立てていたのだが、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ごろつき同士がミサイルの飛ばしあい

 北朝鮮が話題にもならない、しょぼいミサイルを3日連続で発射したと思ったら、今度は北朝鮮と裏でつながる米国が大陸間弾道ミサイルの発射実験。  馬鹿どもはミサイルが大好きなようだ。  北朝鮮を刺激するのを防ぐために発射を延期していたと言うが、挑発する以外の何ものでもないだろう。  所詮、北朝鮮も米国も同レベルのゴロツキ国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝!イランでCIA&イスラエルのスパイが死刑

 イランでCIA、イスラエルのスパイが死刑となったと報道されている。  日本の場合、安倍の祖父・岸信介のように自民党自体がCIAから資金提供されていた時代があり、いまだに下僕を続けているから、イランを見習うようなことは到底無理だが、仮に今後、再び政権交代が実現した折りには、やはり、CIAの動きを封じる何らかの策を講じなければならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だらしのないダメ大国がまたまた債務上限到達間近でデフォルト騒ぎ

 恒例となった感のあるアメリカ連邦債務上限到達騒ぎが、また再燃。  再び法廷上限が接近してきたため、デフォルト回避の緊急措置として、自治体向けの財務省証券の発行を停止するなどして2600億ドルを確保するという。  なんとまあ、だらしのない大国なのだろう。  だが、日本も笑っていられない。マスメディアと馬鹿が舞い上がって…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

さすがです、ロシアが米外交官のCIAスタッフを国外追放。日本も見習うべきだ

 こういうニュースを聞くと、つくづくロシアが羨ましい。  ロシア当局は、CIA(米大使館員)がロシア情報機関員をスパイに勧誘したとして国外追放処分とした。  このCIA職員は米大使館員でもあったというから、油断も隙もあったものではない。国を挙げてのゴロツキ連中だ。  日本では与党政治家の中にもCIAの工作員が紛れ込んで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

半袖Tシャツが気持ち良い季節がやってきました

 というわけで、最近は「アメリカのための不正選挙」Tシャツを纏って、ジョギングやスーパー銭湯、日常の買い物、レンタルビデオ屋等々に出没している。  欲を言えば、コピーが背中側に入っている方が、人目に付きやすいのかな、という気も。  視線が合うと同時に、目をそらす人が増えたような気がするのが笑える。  もちろん、参院選の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍の歴史観・極右姿勢が飼い主にも嫌われ始めた。ユダ金・ネオコン連合軍とペンタゴンに路線の違いか

 あれだけ対米隷属一直線のはずの安倍晋三が、どうやら頼みの米国からすら、その極右的な政治姿勢が嫌われ始めている。  ここ最近の流れを見て奇異に感じる人も多いのではないか。  尖閣を煽り、日中日韓の対立を影で煽っているのが他ならぬ米国であったはず。だが、当の米国が安倍の対中対韓の強硬姿勢をある意味諫め始めているわけだ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

無人機攻撃で無差別殺人を繰り広げる歴史上最悪のゴロツキ国家

 CIAが「テロとの戦い」の一環で無人機攻撃によってパキスタンやイエメンの市民を少なくとも200人以上の市民を無差別虐殺していたことが明らかとなったようだ。  この記事は大きく報道されていないが、アメリカという国の本質をよく表している。そもそも連中は、もともと北米で平和に暮らしていた先住民族を虐殺して土地を収奪したのである。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

現状のままの憲法9条改正派は救いがたい馬鹿か売国奴。まず日米同盟の破棄と米軍撤退が最低条件

 安倍はじめ自民党内閣が菅野田同様に米ジャパンハンドラーズの指揮下にあることを知っている人でも、安倍が国民に牙をむくのは参院選以後で、それまでは大人しくしているのではと読んでいたケースが多い。  だが、安倍の背後にいる裏社会の連中は、よほど追い詰められていると見受けられる。参院選までまたずび、全開で国民の嫌がる売国政策にまい進を始…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

小泉、前原、長島・・・マイケル・グリーンの手先日本人が仲良く訪英

 小泉進次郎、前原誠司、長島昭久、中田宏ら典型的な対米隷属政治家が仲良く訪英するそうで。よくもこれだけ売国奴が勢揃いしたものだ。  テーマは東アジアや中東の安全保障とか。こいつらだけには議論してほしくない内容だ。  どうせ、マイケル・グリーンの書いたシナリオ通りに発言してくるだけだろう。  日本の軍事国家を進める馬鹿総…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

TPP反対6割、賛成1割。これがまともな新聞です。

 大手のカスメディアは、TPP賛成過半数超えを偽装しているわけだが、馬鹿も休み休み言え。周囲にTPP賛成派などいないし、知り合いの新聞社の人間でさえ、実はTPPには思い切り反対派なのである。  だが、大手メディアは電通の命令なんだか、分からんが、TPP加入を煽りまくる。外資系インチキ保険会社や半島系邪教の広告をいただいている手前、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

下手くそなジョークか。主権放棄のTPPにまい進する稀代の売国奴が制定した「主権回復の日」

 今日は4月28日。何やら世間では主権回復の日ということで、歴大随一の無能首相である安倍晋三を柱に自称保守のアホ連中が騒いでいる。  この連中は本当にサンフランシスコ講和条約が主権回復だと信じているのか。もしそうだとすれば、その辺の犬猫程度の知能しかない。  しかも主権回復の日を制定した安倍晋三の祖父こそが米軍駐留の恒久化を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

湧いて出てくる靖国馬鹿たち

 小泉純一郎にしても安倍晋三にしても、なぜ靖国参拝にこだわるのか。  靖国参拝にこだわるのは一見愛国的にも見えるが、両者が実行しようとしている政策は、とことん売国的である。小泉竹中構造改革にしてもTPPにしても、アメリカのケツを舐めようとしている負け犬政策に他ならない。  売国的政策にまい進するクズ政治家が、なぜ靖国参拝なの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more